×

CATEGORY

HOME»  和ろうそく・木ろうそくの特徴

和ろうそく・木ろうそくの特徴

和ろうそく・木ろうそくの特徴

和ろうそくは、原料が純植物性で作られているため、油煙が少なく、ほのかに蝋の臭いがします。
ろうそくの芯が太いため炎が消えにくく、洋ろうそくに比べて大きい炎になります。

和ろうそく・木ろうそくの特徴

木ろうそくは、和ろうそくの中でも特に質の良いろうそくです。
ハゼの実を蒸し、絞り取った油を原料としています。
芯は、和紙をこよりにした上に、灯心(い草)を真綿で巻きます。
木ろうの特徴は、風に強く、すすが少なく、長持ちし、炎は上下に揺れ動きます。
また、時が経つと白く粉を吹き風情があります。

CATEGORY

MENU